気になる鼻の毛穴の黒ずみ!正しいケアでつるつるに!

いちご鼻って聞いたことありますか?鼻の毛穴がポツポツ黒ずんでまるでいちごのように見えてしまって悩んでいる方はたくさんいると思います。角質パックや鼻の毛穴パックを使って根こそぎ取り除く。その時は『汚れが取れた』『キレイになった』と思っていてもまたすぐにいちご鼻に。そんな経験はありませんか?角質パックや毛穴パックは一時的には汚れがとれ一見キレイになったように見えます。しかし毛穴の汚れを無理やり取っているわけで、お肌に傷がついてしまったり、毛穴がぱっくりと開いた状態になってしまっているのです。またそのぱっくり開いた毛穴にまた汚れが溜まっていまったりと、とても悪循環なのです。では、毛穴の汚れはどのようにケアしてあげたらいいのでしょうか?そんな悩みもスッキリ解消します。正しいケアでつるつるな鼻を取り戻しましょう。

根本から治すことが大切

鼻の黒ずみは、古い角質や鼻の皮脂、空気中のほこり等が毛穴に詰まってしまい酸化して黒く固まって出来てしまいます。鼻はとても汚れが付きやすく鼻を触ってしまうクセのある人は特に汚れが付きやすいです。またTゾーンは皮脂が多いため化粧をすることによりその皮脂を塞いでしまっているので、きちんとメイク落としや洗顔をすることが大切です。
毛穴の汚れは角質パックや毛穴パックで強引に除去するのでなはく、徐々にとってあげましょう。まず、洗顔前のポイントですが、温めた蒸しタオルで毛穴を広げてあげましょう。タオルを水で洗い軽くしぼって電子レンジで温め蒸しタオルをつくります。蒸しタオルを優しく顔に数分乗せて毛穴を広げます。あまり熱いとやけどしてしまうので、気を付けてください。次に洗顔です。黒ずみが目立つからとゴシゴシと擦ったりしないでください。洗顔料をしっかりと泡立てキメの細かい泡にします。顔を洗うときは手で洗うのではなく泡で洗うのがコツです。手でゴシゴシ擦るというより、泡をフワフワ肌に押し当てる感覚で洗います。洗顔のすすぎは人肌温度が理想です。水だと汚れが落ちる前に毛穴を引き締めてしまい、また汚れを閉じ込めてしまいます。34度~36度の温い人肌程度のお湯を使い時間をかけしっかり丁寧に泡を洗い流します。洗顔後タオルで拭く時はゴシゴシ拭くのではなく、やさしくタッチするように拭くと良いです。次にキレイになった毛穴にまた汚れが入ってしまわないように、化粧水でしっかり毛穴を引き締めましょう。コットンパック等をしてみるのも効果的です。

スポンサーリンク

食生活や生活習慣も見直そう!

子供の頃や若いころはそれほど鼻の黒ずみは気にならなかったはずです。毛穴の汚れは生活習慣も大切な要因です。新陳代謝が悪いと汗で汚れが外に出ることが難しくなるので毛穴に汚れが溜まってしまいます。適度な運動をする習慣を身につけましょう。また脂質や糖分の多い食事は皮脂が過剰に出る原因ともなり毛穴が詰まりやすい状態になってしまいます。ケーキやスナック菓子、脂質の多い食事はなるべく避けた方が良いです。毎日の食事は栄養のバランスを考えて摂ることが大切です。『美肌のためにサラダだけ』といった間違った食事は良くありません。魚、肉、野菜とバランスよく色々な食材から必要な栄養素を摂り入れるのか理想です。そして睡眠不足はお肌のターンオーバーが正しく出来なくなってしまい肌のトラブルが起こりやすくなってしまいます。睡眠不足が続くとお肌のキメが悪くなったり、化粧ノリが悪かったり、顔がくすんで見えたりしてしまいます。睡眠はお肌にとっても大切なものなので、しっかり睡眠をとることが必要です。

さいごに

【食生活の改善】【生活習慣の改善】というと、どこか難しく考えてしまいがちですが、普段の生活スタイルに少しプラスすると考えると、気持ち的に楽に負担を感じることがなく継続できると思います。少しのプラスでいちご鼻とお別れし美肌を取り戻しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
x