赤ちゃんの日焼け止めはいつからどんな方法がおすすめ?安全な塗り方で正しく日焼け止め

Greyerbaby / Pixabay

赤ちゃんと外にお出かけできるようになると、
気になるのが紫外線ですよね。

昔は母子手帳に「日光浴をしましょう」の文字がありましたが、
数年前からなくなっています。

海や山などのアウトドアでない限り、
日常生活では過度に心配することはありませんが、
赤ちゃんに負担をかけないように、
ばっちり対策してあげましょう!

スポンサーリンク

赤ちゃんの日焼け止めはいつから必要?

ベビーの紫外線対策・・・
実際いつから必要なのでしょうか?

これは紫外線が肌にダメージを与える構造を考えると、
生まれてすぐから必要と言えます。
小さければ小さいほど、
肌が薄く、紫外線が肌の奥深くまで
ダメージを与えてしまうので、
より大切に守ってあげるべきです。

でも、赤ちゃんが小さいうちはお肌が弱いし、
日焼け止めを塗ったり、
また落とすために石鹸でごしごし洗っては、
今度は乾燥でお肌がボロボロになってしまいますよね。

なので、生まれからしばらくは、
直接肌に塗るのでない紫外線対策をしてあげるのがよさそうです。

ベビーにおススメの紫外線対策は?

日焼け止めを塗る以外の紫外線対策って
実はいろいろできるんです!

お出かけスタイルに沿ってご紹介しますね。

ベビーカーでお散歩

ベビーカーでおでかけする時には、
・UVカットのほろ
・日傘
どちらかをつけることをおススメします!

よりおススメしたいのが、
UVカットのほろ!

特に軽量ベビーカーを使っていると、
ほろは小さいか、
あってもほんと気持ち程度(;’∀’)

紫外線の強い時期だけでも
つけてあげるのがおススメです。

大きいものだと、赤ちゃんの全身をすっぽり覆って
それでいて、赤ちゃんの視界が
左右に開けているものがあるので、
気持ちよくつけられます♪

別付けのほろはかさばるからちょっと・・・・
という場合には、
日傘がおススメです。

手で持ってあげてもいいですが、
ベビーちゃんと太陽の位置によっては
態勢がきつい!

そんな時は、
ベビーカーに傘を固定できる器具が売っています(*^▽^*)

スポンサーリンク

これなら途中で抱っこヒモにした時も
日傘だけ使えますし、
日傘も自分で選んだものを使えば、
周りの人とはちょっと違ったデザインを楽しめます♪

抱っこでお散歩

抱っこでお散歩のときは、
・ママが日傘
・つばの広い帽子&後ろに首の日よけ
・UVカットトレンカ
をおススメします!

ママが日傘をさしていると、
赤ちゃんも日陰に入るし、
角度も柔軟に調整してあげられるので、
おススメです(*^▽^*)

傘は深めにさすと、
横からの紫外線も防げて効果的ですよ!

両手がふさがってると、
買い物などしづらいので~
という方はつばの広い帽子を
ママ、お子さんともに
かぶることをおススメします(*^▽^*)

ママがつばの広い帽子をかぶっていると、
角度によってはお子さんにも陰ができます!
お子さんには、
首の後ろに日よけがついている帽子を
選んであげるとGoodです!

日傘か帽子で対策をしても、
足が出ちゃって・・・
という時にはUVカットトレンカが
おススメです♪

夏にトレンカ!?と
私も思っていたのですが、
ストッキングをもっと薄くしたような生地で
また締め付けないゆとりもある大きさなので、
夏には虫よけ、日よけと、
一つあると便利なお品です(*^▽^*)

あんよでお散歩

歩いて手をつないでお散歩・・・
となってくると、
帽子はかぶれても、
手足は出ている部分が多くて、
紫外線の影響を受けやすいですよね。

そんなときは、
・UVカットパーカー
・UVカットトレンカ
など、着衣をUVカットにするのが
おススメです!

今はUVカットの商品がたくさん出ているので、
楽しんで選べると思います(*^▽^*)

が!

が!

UVカットの着衣で私が一番おススメするのは、

UVカット洗剤

UVカット柔軟剤

これが最強です!

家でふつうの洗剤で洗っていい服なら、
どんなお洋服でもUVカットになっちゃうんです!
我が家では、毎年5~10月の間は、
この洗剤を使っています(*^▽^*)

普段着はUVカット洗剤&UVカット柔軟剤で、
おしゃれ着はエ●ール&UVカット柔軟剤で洗っています。

でもちょっと高いんですよね(;’∀’)
なので期間限定です。

お子さんの服だけこの洗剤で、
というのもいいかもしれませんね。

赤ちゃんの日焼け止めの安全な塗り方は?

お洋服や帽子、ベビーカーを
どんなにUVカットしても、
歩くようになると、
顔や手足の対策はなかなか難しいですよね。

ある程度大きくなってからですが、
日焼け止めを塗ってあげてもいいと思います。

でもある程度って?
ということで目安と安全な塗り方をご紹介します!

目安

・日焼け止めを塗ってもかぶれない
(もちろん安心・安全なものを選んでくださいね!)
・つけた部位を石鹸で洗える

安全な塗り方

・よく自分で触る箇所には、塗らない。
⇒触った後に、目や口に手を入れてしまったら悲劇です(/ω\)

・最低限の箇所に塗る。
⇒大人もスキーや海水浴で焼けるのは、
 鼻やほほやおでこなど、
出ている部分ですよね?

そういった最低限の箇所だけつけるといいと思います。

うちの子は眠くなると目をこするのですが、
手の甲にも日焼け止めを塗っていて、
⇒眠くなって目をこする
⇒日焼け止めが目に入って目が痛くなる
⇒なぜか目が痛いし、眠いしでめっちゃ不機嫌
⇒母、チーン

となったことがあります(;’∀’)

くれぐれもお気を付けください!

まとめ

紫外線がお肌に悪いとわかっていても、
小さいとなかなか対策ができませんよね。

山や海などのアウトドアは別として、
日常の紫外線対策でしたら、
まずは服や小物から、
気になるときは日焼けしやすい箇所だけ、
日焼け止めを塗る、といった方法で
できる方法で対策していきましょう!

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
x