乾燥して口周りの皮がむける原因とおすすめケア 口周りは実年齢が分かりやすい!

毎年、秋冬の寒い時期になると口周りの皮膚が乾燥してきて、唇の皮がむけてしまうトラブルを多くの方が経験していると思います。
実は夏場も口周りを乾燥させる原因がたくさんあります。

夏~冬にかけての口周りの皮むけの原因と、乾燥して皮むけしてしまった場合のおすすめのケアをご紹介します。

スポンサーリンク

乾燥して口周りの皮がむける原因は?

口回りは顔の他の部分よりも皮膚の厚さが薄くてデリケートです。また、皮脂を分泌する皮脂腺が少なく乾燥しやすい部分です。
水分や油分が十分にあれば皮膚は柔軟に伸び縮みできるので、顔の表情の動きにスムーズに対応できます。
けれども、乾燥してしまうと表情の動きに対応できなくなり無理に引っ張られた表皮(顔の皮膚の一番表面にある皮)がひきつれて剥がれてしまいます。
これが口周りの皮がむけてしまう多くの場合の原因です。

では季節ごとの皮膚が乾燥してしまうその原因を見ていきましょう。

・汗

夏は汗をたくさんかきます。この汗をそのまま放置していると、汗が乾くときに皮膚の中の水分も一緒に奪っていってしまい乾燥の原因になります。
・冷房のあたりすぎ
冷房の効いた室内や車内は乾燥した空間になります。長時間冷房の風にあたっていると肌が乾燥してきます。

・紫外線

唇は紫外線を浴びたときにそれを吸収してくれるメラニン色素がほんの少ししかありません。
体の他の皮膚のように黒く日焼けすることがないので分かりずらいですが、唇が紫外線を浴びるとそのダメージをそのまま受けてしまい皮膚は乾燥してしまいます。

そして夏の乾燥を引き継いで、秋冬にさらに乾燥が加速します。

・刺激

唇の皮膚はとても薄くてデリケートです。ごしごし擦るとそれが刺激になって唇の粘膜が傷つき、乾燥しやすくなってしまいます。
タオルもティッシュペーパーも唇にとってはごわごわした固い刺激の強いものなので、汗を拭くときに強く拭くのは絶対に止めましょう。

・リップクリームの使いすぎ

リップクリームの塗りすぎは、唇に傷をつけて乾燥の原因となってしまいます。さらに、リップクリームには大なり小なり刺激物質が含まれていて、唇に刺激が加わります。
多く塗ればその分だけダメージを受けることになってしまいます。
一日に3~5回の使用に止めましょう。

・口呼吸や唇をなめる癖

口呼吸をしたり唇をなめると、唇が湿り気を帯びて、それが乾燥するときに唇内部の水分まで持っていってしまうため、乾燥してしまいます。
唇が乾燥するからと、なめて湿らせるのは逆効果になってしまうので止めましょう。

・食生活

口周りの皮膚の乾燥はビタミンB2が不足すると起こりやすくなってしまいます。
また、ビタミンB2に限らず栄養の片寄った食生活は唇の粘膜など皮膚の健康に良くありません。
食事の時に、唇に刺激の強い物が着いてしまうことも良くありません。拭き取っても落としにくい物もありますし、ごしごし拭くのはそもそもNGです。
食後は面倒でも唇を水洗いしてあげる方がよいです。

スポンサーリンク

・ストレス

ストレスにより口周りの皮がむけてくるわけではありませんが、ストレスがたまると新陳代謝が低下し、回復が遅くなります。
・胃腸の不調
胃腸の調子が悪くなると唇にもその影響が現れます。胃は上唇、腸は下唇の不調と繋がっています。
また、胃腸の具合が悪いと体全体の免疫力が落ち、唇も荒れやすくなってしまいます。

唇の皮が、むけてしまうことは困った症状ではありますが、誰にでもよく起こることで、あまり心配する必要のない症状です。
しかし、一時的にではなく唇の皮がむけ続けている場合には、剥脱性口唇炎という病気の可能性が考えられります。
この病気は、唇の皮がむけ続ける症状の他に、瘡蓋のようなものができてくることもあります。
皮むけがいつまでも治らなかったり、瘡蓋ができるようならすぐに皮膚科にかかってください。

乾燥して口周りの皮がむけた時のおすすめのケアは?

ワセリン(医療機関からはプロペトという名前で処方されることもあります)を使ったケアがお勧めです。
ワセリンは少々ベタついてしまいますが、赤ちゃんにも処方される安全性の高い薬です。ワセリンを、朝晩食後に唇を水洗いした後に塗ってください。
リップクリームは基本的に使わないようにします。特にUVカット成分が入っているものは使用禁止です。
口紅を着けるのならば、ワセリンと混ぜて使いましょう。リップグロスは禁止です。
ワセリン入りの口紅をした場合は、オリーブオイルをクレンジング代わりに使用して落とします。
手で擦ったり、刺激を加えるようなことは避けてください。
もし、皮むけしているときにリップクリームを使うのならば、おすすめは「ユースキン メディリップ」です。このリップクリームは唇の荒れの治療を目的とした医薬品リップクリームです
(普通のリップクリームは予防はできても治療はできません)。皮むけや唇の割れを治療することができます。
ただ、人によって合う合わないがあるので、使用して痛みやかゆみを感じたり、何か異常を感じた場合にはすぐに使用を止めて皮膚科にかかってください。

次に、皮がむけるのを予防するリップクリームの使い方についてご紹介します。
保湿力の高いリップクリームを2本(UVカット効果のある物と、UVカット成分が入っていない低刺激の物)を状況に合わせて使い分けましょう。
塗りかたは唇のシワに沿って縦に塗ります。横塗りだと唇の中に成分が入っていきません。
唇の乾燥対策におすすめのリップクリームは「ジョンマスターオーガニック リップカーム」です。
保湿力がとても高く、刺激の少ないオーガニックのリップクリームです。なめらかな塗り心地で唇に余計な刺激を与えずに使用することができます。
一度塗ると5時間くらいしっとり感を維持できるので、塗り直しの回数を減らすことができます。
ケアのほかにリップメイクの下地としても使えますよ。

まとめ

口周りの皮むけは老若男女問わず悩まされることの多い症状だと思います。
困ったら、ビタミンB2の多い食材(マグロやカツオ、各種レバー、卵、納豆、うなぎ、マイタケ、牛乳、チーズなど)とビタミンC(パプリカ、アセロラ、パセリ、ゴーヤ、みかん、リンゴなどの果物)を積極的に食べてみてください。
体の中が改善されると、外からのケア(リップクリームなど)の効果も上がってきますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
x