マタニティストレッチは後期からはじめても大丈夫?腰痛解消にも!

妊娠後期に差し掛かると、

お腹も出てきて腰痛が気になるし、出産に向けて体力作りもしないとな。
助産師さんやお医者さんからも運動をすすめられているけど、何をすればいいかわからない。
いきなりウォーキングは続けられる気がしない・・・。

なんて思っている方は多いのではないでしょうか。
そんな方におすすめなのがマタニティストレッチです。

今回は誰にでも簡単に始められるマタニティストレッチについてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

マタニティストレッチは後期から初めても大丈夫?

妊娠後期まで特に運動などはしてこなかったけど、今から始めて大丈夫なの?と不安に思われている方。

今から始めても大丈夫です!

妊娠中、運動などを始めてもよいとされるのは安定期以降ですし、
もともと運動をしていた方でも安定期まではこれまでよりも負荷の少ない運動量にするように指導されます。

早いうちから体力作りはしておいた方がいいとされますが、いつ始めるのにも遅いということはありません。
妊娠期のストレッチや運動などの体力作りは安産につながるなどと言われメリットも多いので、
遅いと思わずに体調などに問題がなければぜひ始めましょう^^

マタニティストレッチは腰痛解消など妊婦の強い味方!

では、マタニティストレッチは妊婦にどのような効果があるのでしょうか。

腰痛

まず妊娠期に多くの方が悩まれるの腰痛に効果的です。

腰痛の原因には、大きくなったおなかを支えるために重心が変化することがあげられます。
せり出してくるお腹に対してバランスをとるために腰をそってしまうので、
腰に負担がかかり腰まわりの筋肉が固くなってしまい腰痛を引き起こします。

この筋肉をほぐしていくとことで腰痛は緩和されます。
腰まわりをほぐすマタニティストレッチをして緩和させましょう。

体重管理

次に、妊娠中に気を付けたい体重管理にも効果的です。

妊娠中とくに後期になってくると、体重の維持は難しくなりますよね。
・体がお腹にいる赤ちゃんを守ろうとするために、脂肪を蓄えようとすること、
・血液量の増加や胎盤や赤ちゃんの重さの増加
が原因とされていますので、ある程度の体重増加は仕方ありません。

しかし、そう思って体重が増えすぎてしまうと妊娠中毒症や高血圧などになってしまいます。
そんなときにマタニティストレッチで適度な運動をしてカロリーを燃焼させ、ストレッチすることでお通じがよくなり便秘解消にもつなげることで病気のリスクを回避することができます。

陣痛がつきやすく

最後に、陣痛がつきやすく安産にもつながります。

スポンサーリンク

運動をせずにいると血流が悪くなりむくみがでてしまい、陣痛がつきにくくなってしまうことがあります。
臨月以降、陣痛を促すためにスクワットやウォーキングをするように指導する病院は多いです。
しっかりと体を動かしておくと、赤ちゃんが下がり子宮口が開きやすくなります。

体力作り

そして、いざ陣痛が始まると思った以上に体力を使います。
とくに初産の場合、お産に1日以上かかることは珍しくありません。
長時間、強い痛みに耐えるには相当なスタミナが必要ですので、安産でしたねといわれるよう体力をつけておきましょう。

ここまで書いているとマタニティストレッチがいかに妊婦にとって強い味方かわかりますよね。ぜひ少しずつでもやってみることをおすすめします。

マタニティストレッチで臨月になったら注意すること

臨月になると、体に問題がなければどんどん運動するように指示される方も多くなると思います。
私もも臨月になった途端、今日からバランスボールに乗りなさい、スクワットもはじめなさいと言われ驚いた経験があります。
しかし臨月だからこそ注意しなければいけない点もありますので、いくつかお話しさせていただきます。

まず、お腹の張りを感じた場合は無理に行わず中断しましょう。
またストレッチの最中に気分が悪くなってしまった時、疲れを感じ始めた場合も少し休んで様子を見ましょう。
息が上がるほど運動して、その後から陣痛が始まってしまうと大変です。

食事をとったあとすぐや、入浴直後もやめておきましょう。
お腹を無理に圧迫する姿勢や、長時間仰向けになることもおすすめできません。

簡単にできるストレッチでも、お医者さんから安静にするように言われている方や不安のある方はお医者さんに確認をとってから始めてください。
また臨月からストレッチを始める方も初めから無理をせずに、最初は少しにして慣れてきたら徐々にストレッチの時間をのばしましょう。

後期から始めるマタニティストレッチのまとめ

妊娠生活もあと少し、出産は不安ですがストレッチをして少しでも不安を減らすことができるといいですよね。
どんなお産になったとしても対応できるように体力をつけておくことは、産後の気分を良いものにするためにも非常に有効です

私にもゆったりとした気分で子供の胎動を感じながら、ストレッチをしていた時間はかけがえのない幸せな時間でした。
体を動かすと気分もすっきりしますしいいことが多いですよね。

みなさんのお産が少しでも軽くなり、かわいいお子様との日々が充実するように祈っています。
出産までの限られた時間をマタニティストレッチで楽しみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
x