口臭チェックを自分でする方法!ティッシュを使ってカンタン♪

annaj / Pixabay

最近スメハラという言葉を耳にするようになりましたよね。

スメハラとは体臭、口臭により周りに不快な思いをさせる事だそうです。

セクハラ、モラハラと並ぶハラスメントで高い注目のメルハラ。

しかし、このメルハラ他のハラスメントと違い自覚がないのです。

体臭や口臭は本人が気づかないことが多く意図せず悪臭を発してしまっている事がハラスメントになってしまっているのです。

自分では気づかない事が多いのに、どのようにチェックしたら良いのでしょう。

誰かにチェックしてもらうのは難しい

前文でもお話したように、口臭は自分ではなかなか気づかないものです。

だからといって友達や同僚に『私の息臭くない?』と息のニオイを嗅いでもらいチェックしてもらうのも気がひけますよね。

もちろん、周りの誰かにストレートに『息臭いよ』なんて言われたら…顔面蒼白。

その場から逃げたい気持ちになります。

ではどうやって自分の口臭チェックをしたらいいの?

スポンサーリンク

そんな疑問に、今回は自分で出来る簡単な口臭チェックをご紹介しましょう。

口臭チェッカーをかわなくても

『ハーッ』っと息を吹きかけて口臭の度合いを測れる口臭チェッカー。

口臭を気にして購入を考えたことがある人は少なくはないと思います。

口臭が正しく測れるのか精度や結果も気になります。

お値段は2000円~6000円ですが、注意すべき点は、口臭チェッカーは、ニオイの強さを測るものなので、歯磨き直後やブレスケア、ガム等を噛んだ後でも口臭が強く出てしまうのです。

ですからこのチェッカーの判定だけでは口が臭いと判断するのは難しいです。

あくまで目安程度に使用してみるといいでしょう。

身近にあるものですぐにチェック出来る方法もあります。

まず舌をチェックしましょう。舌の表面が白くなっていませんか?この白いものは細菌や食べカスが付着したもので【舌苔(ぜつたい)】と呼ばれる口臭の原因なのです。

この舌苔をティッシュ等で軽く2~3回拭き取ってみましょう。

そして5分ほど放置し乾燥させます。その後ティッシュのニオイを嗅いでみてください。

それが自分の口臭と言われております。

これからの季節マスクを使用する機会が増えますよね。1時間ほど使用したマスクのニオイを嗅いでみるのも自分の口臭チェックの方法です。

コップやビニールを使用しダイレクトに口臭チェックする事もできます。コップを用意し中にゆっくりと息を吐き、手でコップに蓋をしてください。

そしてゆっくり深呼吸してコップに蓋をした手をずらしてニオイを嗅ぎます。

またビニール袋を用意し、『ハーッ』と息を吐き、すぐさまビニール袋に鼻をつけニオイを嗅いでください。

この2つの方法はダイレクトに自分の口臭チェックが出来ます。

コップやビニール袋が大きいと空気が混ざってしまい、チェックしにくくなりますので、小さい物を使用するのがオススメです。

少しでも臭いかな?と不安に感じたら、チェックしてみてください。

口臭のセルフチェックをするタイミング

朝起きてすぐは睡眠中は唾液の分泌が少ないので口臭は1番キツイと言われております。

この時にチェックすることで普段からどのくらいの口臭があるのか自分で把握できると思います。

また食後は食べた物のニオイと口臭が混ざることによって、さらにニオイがきつくなりやすいので、食後にチェックしてみるのも良いでしょう。

口臭の原因は生活習慣に影響されていると言われております。

あまり人に相談しにくい問題で1人で悩んでしまいがちな口臭の悩みですが、自分でチェックできたらどのようにケアしたら良いのかが分かります。

自分でニオイが気になったら生活習慣を見直すのも良いでしょう。

日頃からのちょっとしたケアで自分では気づきにくい口臭を予防するのが大切ですよ^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
x