手のひらが乾燥してひび割れ?実はそれは水虫かも!

水が無くて干上がった田んぼみたいに、
手のひらがひび割れているガサガサ手のひらの人はいませんか?

長袖に手を通すときに生地に引っかかったり、
ストッキングをはくときに糸が引っかかって穴が開いてしまったりしてイライラしたり、
手をつなぐ時に相手が不快な思いをしないかと気になったりすることはないでしょうか。

私はありますorz
しかも、手を洗うときはいつもしみて激痛が走る…。
ひどいところには絆創膏を貼ってみたり、
保湿クリームを一生懸命塗ってみたりしてもなかなかよくならない。。

そんなあなたへ、ひび割れの解決法をお教えします。

手のひらがひび割れる原因は乾燥だけじゃない?

手のひらのひび割れってなんで起きるんですかね。。

寒い時期になると、手が乾燥してカサカサするっていう人はよくいますよ。
で、その乾燥が重症化するとひび割れが起きます。

手の荒れが進むと、皮膚が固くなって、魚のうろこみたいにガサガサになって、
やがては割れてしまう、、、おそろしい。

この乾燥の原因になっているのは水仕事や洗剤の使用で、
手のひらの皮脂が流されてしまうことに加えて、
いろんな要因が絡み合っています。

主だった原因を挙げてみるので、ご自身に当てはまらないか見てみてください!

原因その1 血行不良

冷え性の方は特になりやすいですが、
冷えは血流をにぶらせ、新陳代謝を滞らせます。

代謝がスムーズに行われている状態だと、
たとえ乾燥して皮膚が剥がれ落ちても新しくやわらかい皮膚が生成されます。

でもそうでないと皮膚はかたくなります。
かたい皮膚は、まるで強い日照りの下で地割れのようになっている地面のように
亀裂が入ってしまうのです。

これがひび割れになります。

血行不良は、手をよくさすったりしてマッサージしてあげることでいくらか改善されます。
保湿クリームをぬるときなどに、
手全体をよくもみながら塗り込むことを意識してぬってみてください。

原因その2 水虫・・・?

血行不良が原因のひび割れは、乾燥型のものなのですが、
それとは真逆の浸潤型といわれるものが原因で起こるひび割れもあります。

もし、手のひら全体に水ぶくれや白いぶつぶつのような症状が現れ、
ひび割れを起こすようならこちらを疑う必要があります。

用心すべきは、この白いものの正体。
実はこれ、水虫なのです。

水虫というと、足にできるものと思いがちですが、
手にも起きるんです。

というか、体全体どこにでも起きるんです。

手水虫といわれるもは、ひび割れが進行して
皮膚がぽろぽろと剥がれ落ちてきます。

手の水虫は、足からうつるものがほとんどで、
床を触ることが多かったり、
バスマットやトイレのスリッパなどを共有したりすることが原因でうつることがあります。

スポンサーリンク

初期症状ではあまりかゆみもないので気が付かない人も多いのですが、
白いものが手のひらに出てくるのであれば、
原因は水虫の可能性が強く、その対処法も変わってくるわけです。

また、気付かずに放置したまま洗面所などでタオルを使っていると、
それを使った家族までもが感染してしまい、家族中が水虫になってしまう危険もあります。

豆情報

ちなみに、この手水虫は両手に現れることはほとんどありません。
もしも、両手に現れるようならそれは水虫ではなく湿疹なので、
また別の治療法になります。

片手が白っぽくなるようなら手水虫を疑いましょう。

こんな時は病院へ行こう!

乾燥によるひび割れは、保湿クリームなどをぬったり
手を保護して水仕事をしたりすることで解消できる期待が高いですが、
水虫はそうもいきません。

手水虫を自宅で治療したい場合には、
市販のステロイドのぬり薬を使うとよいです。

より効果を高めるためには、
保湿クリームをカバーするようにぬること。

ステロイドを使うことに抵抗のある方もいるかもしれませんが、
むやみに多用しなければ全く問題ないお薬ですから、
用法を守って使ってくださいね。

ただ、ひび割れに薬をぬるのって痛いんです。
ぱっくり割れているところなんかは特に…。

これでは、ぬり薬治療も続かないかもしれません。
それに、水虫にもいくつかの種類があって
自宅での治療だけでは足りないものもあります。

多くは皮膚に菌が繁殖してかゆみを伴うものですが、
その下の角質に菌が増殖するパターンのものがあるのです。

これはかゆみが出ないので、気持ち的には症状も軽めに感じるかもしれませんが、
そう簡単には直らない厄介なもの。

ですから、ひび割れプラス手が白っぽくなってきたら、
まず皮膚科を受診することをおすすめします。

皮膚科に行くと、市販よりも安くステロイド剤を出してくれますし、
また、飲み薬の併用での治療がされます。

水虫は簡単に完治するものではないので、
治療期間も2か月から半年ほどと長いのですが、
早い段階で分かればそれだけ治療期間も短く済みます。

自宅であれやこれやためすより、ぜひ病院へ行って専門医に相談しましょう!

まとめ

悩ましい手のひらのひび割れが実は水虫だったなんて分かったら
ぞっとしちゃいますよね。

でも、重症化したひび割れの原因は、水虫かもしれません!
一生懸命保湿してケアしているのになかなかよくならない方は、
ためらわず受診して、ぱっくり地割れ手のひらから解放されてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
x