なんとかしたい毛穴の開き!治らない原因とは?


毛穴って気になりだすと止まりませんよね。
ニキビ跡や乾燥、敏感肌の影響で毛穴は開き目立ってしまいます。

いろいろ対策をしているのに毛穴の開きが気になっている人は多いと思います。
でも、その対策自体が間違っているかもしれませんよ!
そこで、間違ったケアについてと、3つのスキンケアポイントをご説明します。
正しいケアを行えば症状は改善しますよ。
鏡の前で悩む日々から解放されましょう!

スポンサーリンク

間違ったケアしていませんか?

毛穴が開き目立つ原因は、肌が弱いことや、肌が厚くかたくなっていることにあります。
その原因は間違ったケアのせいである可能性が高いですよ!

1.角質除去パック

一般的な人の肌には角質除去パックは皮膚に強すぎます。
角質が取れることで、きれいになった実感が高いために繰り返し使用する人が多いですが、その後のケアを怠ると余計に開いた毛穴に汚れが溜まってしまうのですよ。

角質が除去された後、開いた毛穴は収れん作用のある化粧水などでしっかりケアする必要があります。
忘れると、間違ったケアで毛穴を余計開いて症状を悪化させている可能性がありますよ。

2.スクラブ洗顔

毛穴が目立つからといって市販のスクラブ洗顔を頻繁に行うことは肌を強化して余計に硬くしてしまいます。
肌が固くなると毛穴の開きを招き、症状が悪化すると美容医療で使われるレーザーで毛穴を治療しなければならないという事態を迎えてしまう可能性があります。

3.毛抜きで角質を抜き取る

目に見える角質の詰まりは引っ張れば取れると思ってしまいますよね。
しかし、このようなことは肌を傷付けて感染を引き起こし、肌にくぼんだ跡を残してしまう原因になります。
ニキビをつぶした跡が残るのと同じです。
自ら肌を傷付ける行為は肌に跡を残してしまう可能性が高いですよ。

3つのスキンケアポイント

毛穴の開き方は3つのタイプに分かれます。
肌の開き方によってスキンケアのポイントが異なります。

スポンサーリンク

1.詰まっている毛穴のスキンケア

角栓をキレイにする必要があります。
角質除去パックを使ってすっぽり取れる粒の塊のことです。

角栓を除去するためには酵素洗顔料での洗顔が最も有効です。
毛穴に詰まったたんぱく質を酵素の働きで除去しますよ。

2.開いている毛穴のスキンケア

詰まっている粒の塊は見えないのに、プチプチと毛穴が目立っている状態である場合は改善に少し時間がかかります。

毛穴の開く原因は肌の緩みや乾燥、皮脂の過剰分泌などが考えられます。
これらを改善するためには基本のスキンケアを続けて生活習慣の改善も行う必要があります。

基本のスキンケアであるクレンジング、洗顔、保湿をしっかりと行いましょう。
そして、皮脂の過剰分泌はホルモンバランスの変化やストレス、疲労による影響も考えられます。
規則正しい生活を心がけて、食生活もバランスの良い栄養を取れるように改善しましょう。

3.たるんでいる毛穴のスキンケア

年齢に比例して肌にはたるみが発生します。
同様に、毛穴にもたるみが発生しているのですよ。

毛穴が楕円形に広がって見えることは年齢を刻むことでコラーゲンの破壊や水分量の低下を引き起こし、肌の張りやキメの細かさが失われているシグナルです。

加齢によるたるみ毛穴の改善は難しいですが、基本のスキンケアをしっかりと行うことで改善するケースも多いですよ。
クレンジング、洗顔、保湿は欠かさず行ってください。

加齢以外にも紫外線、喫煙、ストレスでたるみ毛穴を引き起こしている可能性があります。
曇りだからと紫外線予防を怠ることは命取りですよ。
毎日の紫外線予防を心がけて下さい。
また、食生活を改善して抗酸化作用の高い緑黄色野菜をバランスよく取り入れて、肉や魚から良質なたんぱく質をとることも重要です。

まとめ

間違ったケア

1.角質除去パック
使用後には毛穴が開いているので収れん作用のある化粧水で保湿する必要があります。

2.スクラブ洗顔
頻繁に使用すると肌を固くして毛穴の開きを悪化させる可能性があります。

3.毛抜きで角質を取る
肌を傷つけて感染を引き起こしくぼみ後が残る原因となります。

3つのスキンケアポイント

1.詰まっている毛穴ケアには酵素洗顔料が有効です。

2.開いている毛穴ケアには基本のスキンケアと生活習慣や食生活の見直しが有効です。

3.たるんでいる毛穴ケアには基本のスキンケアと紫外線予防、喫煙やストレスの回避、食生活の改善が有効です。

一度開いてしまった毛穴を改善するためには長期的なケアが必要です。
「ちょっとだけ試して辞めてしまう」では何も解決しませんよ。
結果はすぐには現れませんが、継続することで症状を改善することが可能です。
続けることを目標にして実践してみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
x