結婚式に出席するときの男性の服装 ワイシャツでおしゃれに差をつける!

結婚式の招待されて、どんな格好で行ったらいいのか悩むことありますよね。
親族として参加するのか、それともゲストとして参加するのか、立場によってふさわしいワイシャツの色や柄は変わってきます。
また、招待されたのが結婚式や披露宴からなのか、それともカジュアルな二次会からなのかによっても変わってきます。
今回はそんなワイシャツのあれこれについて、ご紹介していきます。

結婚式の男性の服装 シャツはストライプなど柄物はOK?

結婚式の服装としてワイシャツを選ぶとき、最も一般的なワイシャツのタイプは、
白の無地で襟はレギュラーのもの、そで口はシングルカフスになります。

このワイシャツならば新郎新婦との関係を考えたときに、
自分が親族、会社の上司、部下、友人、知人のどの立場だったとしても問題なく着用できます。

特に、親族はゲストではなく、もてなす側のホストの立場になるので、
この立場で参加する場合には、最も一般的なタイプのワイシャツを選ぶ必要があります。

結婚式や披露宴に友人として招待されていた場合で、少しオシャレに決めたいという時には、
白無地だとちょっと面白くないなと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
そんな時には、近づいて見てはじめて分かる程度の、同系色の織り柄ワイシャツならば着て行っても大丈夫です。

ただし、遠目でも分かってしまうほどはっきりとした柄のワイシャツは、
たとえ織り柄でもカジュアルすぎるので結婚式や披露宴には相応しくありません。

二次会からの着用にしましょう。

スポンサーリンク

結婚式の男性の服装 シャツは黒など色物でもOK?

先にも書きましたが、親族の場合は色物ワイシャツはNGです。
友人の立場で結婚式や披露宴に招待されている場合には、薄いサックスブルーのワイシャツならば大丈夫です。

サックスはさわやかな印象になりますし、ダークスーツの色合いにも馴染みます。
黒、赤、黄、緑など濃い色は目立ちすぎてしまうのでNGです。

結婚式の男性服装 シャツはボタンダウンなど変わった形でもOK?

親族の場合は、襟はレギュラーカラーと呼ばれる一番スタンダードなものを選びましょう
友人として招待されている場合には、ワイドカラー(ワイドスプレッドカラー)のワイシャツでも大丈夫です。

レギュラーカラーよりも少し襟羽が長く、襟足が高めになっています。
日常のビジネスシーンではちょっと使いにくいワイドカラーですが、
一枚持っているとパーティーのオシャレが簡単に決まって便利です。

結婚式や披露宴ではしっかりネクタイを着けて、カジュアルな二次会ではノーネクタイにし、
第一ボタンを開けてとスタイルを変えて着用することもできます。

※二次会会場がホテルなどのフォーマルな場所であった場合や、
新郎新婦が自分の上司にあたる場合には二次会でもノーネクタイはNGです。

ボタンダウンカラーやショートポイントカラーは結婚式や披露宴ではカジュアルすぎます。
着るのならば二次会からにしましょう。

まとめ

友人として招待されている場合でも、結婚式や披露宴では格式が求められるため、
カジュアルすぎる色や柄はNGになることがお分かりいただけたかと思います。

オシャレをするならば二次会からにしましょう。
ただし、二次会でも主役はあくまで新郎新婦です。
ゲストは主役の引き立て役ということを忘れないように服装を選びましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
x