お年賀の選び方は相手によって変える!上司と取引先と友人と…


年末はクリスマスに大掃除、新年の準備と大忙しですよね!

その中でも考えを巡らせないといけないのがお年賀・・・!
お年賀は相手のあるものなので、きちんと考えないといけませんよね。

相手によってお年賀を選ぶ時には、どんなことに気を付けたらよいか、すっきり解決しちゃいましょう!

通販で人気のオススメお年賀ベスト5を徹底調査!
https://mametotoko.com/onenga-tsuuhan/

お相手別にお年賀を選ぶコツ

お年賀を送る相手は親戚、上司、友人など様々だと思いますが、
どの相手であっても、注意したいのが

  • 食品であれば日持ちのするもの
  • 消耗品
  • であることです!

    間違っても賞味期限が数日の和菓子や近いうちに食べきらなければならない生ものなどはやめておきましょう。

    お正月って何かと挨拶回りなどがあって出かけたり、バタバタしますよね。
    そんな中お正月が終わって一息入れたときに、賞味期限切れのお年賀が・・・きっと相手の方も罪悪感でいっぱいになりますよね^^;

    ではお相手別のお年賀選びのコツをお伝えします!

    親戚へのお年賀

    親戚へのお年賀の相場はだいたい2000円から3000円です。

    たくさんの親戚が集まって新年のお祝いをするのなら、その場でみんなで食べられる肉や魚、お酒などがいいかもしれません。

    お肉やお魚の場合、調理の手間があまりかからないことが鉄則です。
    でないと、お邪魔するおうちの奥様にご迷惑になりますからね。

    親戚に子どもがたくさんいれば、クッキーやチョコなどのお菓子類でもいいでしょう。
    高齢の方がいるお宅であればコーヒーや緑茶も喜ばれます。茶葉類は高級なものはなかなか自分では買わないのでいいですね。

    義理の両親の家へのお年賀には、お茶類は特におすすめです。
    洋菓子が好きか、和菓子が好きかをリサーチしておいて、紅茶やコーヒーにするか日本茶にするか決めましょう。

    スポンサーリンク

    相手の家族構成年齢集まる人数相手の好みに合わせてチョイスするのがコツです。

    番外編
    遠くに住んでいる親戚に対しては自分が住んでいるところの特産品もいいかもしれませんね。
    普段あまり食べないものを贈ると、珍しがられますし喜んでもらえます^^

    仕事関係でお世話になっている方へのお年賀

    上司や取引先へのお年賀の相場はだいたい5000円。
    でも特別にお世話になっている相手だったら10000円に届くくらいのものでもよいかもしれません。

    上司へのお年賀

    上司に対しては、高級なお酒や老舗菓子店のお菓子がよいでしょう。

    重要なのはお相手の嗜好にあったものであるのは間違いありませんが、
    普段からお世話になっている相手ですから、それなりの品質のものがふさわしいです。

    取引先へのお年賀

    取引先であれば、お相手の社員の方がみんなで食べることのできる小袋に入っているクッキーなどのお菓子がいいでしょう。

    切り分けなければいけないものや冷蔵庫に入れなければいけないものはやめておいたほうがいいです。
    調理器具や冷蔵庫のない職場もありますからね。

    休憩時間に飲めるコーヒーや紅茶のパックなんかも喜ばれます。
    個人的にならばいいですが、仕事場にアルコール類を贈るのはふさわしくないですからやめましょう。

    また、取引先にとって競合する相手の商品でないかどうかも、しっかりチェックしておかなければならない点です。
    ご贔屓様には手拭いをという昔ながらの風習にならうのもよいですね。

    親しい友人へのお年賀

    友人へのお年賀は、あまり高価すぎないものにしましょう。
    毎年あるものなので、お友達にも負担になってしまいます。

    「よろこぶ」昆布茶、「めでたい」鯛茶漬け、健康を祈って豆菓子など、
    縁起物にかけたちょっとしたものを贈るといいです。
    干支柄のタオルや小物も、緊張した相手には贈りにくいですが、気心の知れた友人へなら気軽に贈れるしかわいいので喜ばれますよ。

    通販で人気のオススメお年賀ベスト5を徹底調査!
    https://mametotoko.com/onenga-tsuuhan/

    さいごに

    お年賀は手渡しが基本ですから、贈る側ももらう側も双方にとって良い挨拶となるよう吟味して選びましょう。
    自分のことをよく考えて選んでもらえたと分かったらうれしいものですよね。

    古くは歳神様へのお供え物を交換するという習わしがあり、それをお年賀と言っていましたが、
    現在では新年の挨拶周りの手土産として持参されるようになっています。

    一年の始まりの挨拶に持参するお年賀。
    近年では通販でも多くの商品を取り扱っています。
    お互いの良い関係性をまた一年間継続できるように、気の利いたお品を選びましょう!

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。
    x