風呂ドアの換気口にほこりがびっしり!ピカピカきれいにする方法

お風呂掃除って面倒ですよね。
でも一日の疲れを癒す大切な場所です。いつもきれいにしておきたいところ!

浴槽など、浴室の中は日々きれいにしているけど、ドアの掃除を見落としていませんか?
お風呂のドアの上部や下部には換気口が付いていることが多く、
実はほこりがとっても溜まりやすい場所なんです!

放っておくと、あっという間にほこりがびっしり・・・

そうなる前に、今回はお風呂ドアの換気口のお掃除方法をご紹介します。

お風呂ドアの換気口のほこりをキレイにする方法

お風呂ドアの換気口は、ドアを閉めた状態でも換気扇を回すことによって空気が対流して、
浴室内を換気できるようになっています。

でも隙間が開いているようでも、お風呂の水が脱衣所にまで漏れ出ることはありませんよね?

この独特の形状は、浴室を清潔に保つためには重要なんですが、
ほこりが溜まりやすく、掃除もしにくくて、結構大変なんです。

お風呂ドアの種類によっては、簡単に取り外しができるものもあるようなので、
お使いのドアの取扱説明書を一度確認してみるといいと思います。

取り外して掃除できれば簡単ですが、取り外しできるものばかりではありません。

そんなときは、割りばしに布を巻き付けたものや、毛の長いブラシで掃除しましょう。

細かいところは、綿棒や楊枝を使うといいでしょう。

スポンサーリンク

大量にほこりを溜め込んでしまった!という方は、
まず掃除機の隙間ノズルを利用して、大きなほこりを取り除きましょう。

浴室の内側と外側、両方やるのを忘れずに!

そして換気口に溜まったほこりは湿気を含んでいるので、
こびりついてしまっている場合があります。

上記の方法でとりきれなかったほこりは、
消毒用のエタノールを使うと汚れが落ちやすくなりますよ。

散水ホースで一気にきれいに!

散水ホースの水圧を利用する方法もあります。

脱衣所側から換気口に水を吹きかけて、溜まっているほこりを浴室側へ押し流します。

シャワーの水圧ではできない技ですね!

ただし、強い水圧で水が飛び散ることがあるので、ビニールシートなどで対策してから行うことをオススメします。

浴室ドアにはカビの可能性も!?

浴室ドアは、ほこりだけでなく、カビの発生も気になるところです。
湿気が多く、どうしてもカビが発生しやすい環境になってしまいます。

溜まったほこりが換気口に詰まると、換気がしっかりできなくなってしまうこともあり、
カビの発生につながります。

カビ対策には市販のカビ取り剤もいいですが、
ニオイがきつくて苦手という方も多いと思います。
小さなお子さんがいる場合なども、ちょっと気になりますよね。

そういった場合には、重曹とクエン酸を使った方法がオススメです。

スプレー容器に、
クエン酸小さじ1に対して
水200mlの割合で混ぜたもの
をカビに吹き付けます。

その上からまんべんなく重曹をふりかけていきましょう。

クエン酸と重曹が合わさることによって発泡し、汚れが浮き上がってきます。

そして歯ブラシなどでこすって汚れを落としていきましょう。

最後にシャワーで洗い流し、
もう一度クエン酸スプレーを吹きかければ防カビ対策になります。

重曹もクエン酸も、環境や人体に優しい素材なので、安心ですよね!

仕上げに乾いたタオルで水分を拭き取るのも忘れないで下さい。
水分の拭き取りは、掃除のときだけでなく毎日の入浴の最後にも行うことで
水垢やカビも防げるので、こまめに行うようにしましょう。

さいごに

掃除をせずに溜め込んでしまうと、汚れがこびりついて、どんどん大変になってしまいます。こまめに掃除するクセをつければ掃除はもっと楽になりますよ。

お風呂に入ったあとや、気が付いたときに、サッと拭き取るだけでも違います。

日々のちょっとしたお手入れで浴室を清潔に保ちましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
x