体臭と思いきや原因は頭皮だった?原因と解消法

頭皮の臭い対策

毎日ちゃんとお風呂に入っているのに、なんだか自分が臭い気がする。

特に汗っかきでもないのに、原因がわからない。

その原因、頭皮にあるかもしれません。
満員電車で、前に立つ方の臭いに一度は皆さん、眉をしかめた事があるかと思います。
頭皮と鼻の位置ってとても近いので、臭いが鼻につきやすいですよね。
お洋服の柔軟剤や香水やボディークリームで、いくら隠そうとしても隠せない頭皮のニオイ。

そんな頭皮の嫌な臭いの原因と改善のための、自宅で出来るケア方法をお教えしましす。

どこから臭うのかと思ったら頭皮?

そもそも、頭皮が臭くなる原因って何だと思いますか?その原因は頭皮の落ち切れていない汚れと、皮脂なんです。そう聞いて、より一層ゴシゴシと頭を洗おうと思った方がいたら、ちょっと待って下さい。
洗い過ぎが原因で、頭皮が乾燥してしまいより過剰に皮脂が分泌されているかもしれません。もし昨日きちんとシャンプーしたのに、頭皮を触ってべたつく感じがしたら、根本的なケア方法から見直してみるのも、いいと思います。
まずは、選ぶシャンプーから見直してみて下さい。CMで流れているシャンプーの多くに含まれている、ラウレス系硫酸・ラウリル硫酸という成分があります。
実はこの成分、洗浄力がかなり強いので、必要な皮脂まで根こそぎ取ってしまってるんです。ご自宅のシャンプーボトルを確認してみて、もしこの成分が入っているようでしたら、一度アミノ酸系のシャンプーに変えてみるのも、効果がある思います。
うちの主人も結婚当初、臭いこそしませんでしたが、冬場は黒い服が着れない程の、かさぶたの様なフケに悩まされていました。
そんな体質かと思って諦めていたのですが、私が使っていた美容院で購入したアミノ酸系のシャンプーを使うようになったら、びっくりするほどすぐに症状が治まり、シャンプーの大切さに気が付きました。
主人が使用していたシャンプーは、ドラッグストアなどで一般的に多く販売されている、メンズ用のかなり洗浄力の強い物でしたので、乾燥肌の彼にはまったく合っていなかったのですね。
今は、シャンプーの人気もノンシリコンや低刺激の物に集中していて、沢山のメーカーから出ています。ドラックストアでも気軽に購入出来ますので、一度成分を気にして選んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

間違ったケアが頭皮臭の原因に!

肝心の洗い方なのですが、まず第一にブラッシングです。濡らす前に目の粗いブラシを使って、しっかりとブラッシングして、汚れを浮き上がらせましょう。
そして、シャンプーを塗布する前に、38度くらいの熱すぎないお湯で、しっかりと髪と頭皮を洗い流してあげることが大切です。大体この工程で8割ほどの汚れは落ちると言われています。間違っても濡らしてすぐにシャンプーを塗布しないようにしましょうね。
そしてしっかりとすすいだ後で、よく泡立てたシャンプーで、マッサージするように頭皮を洗浄していきます。指の腹を使い、爪は立てずに優しくしっかり洗った後に、シャンプーの流し残しが無いように、よくお湯ですすぎます。
トリートメントやコンディショナーは、頭皮につけても意味が無いので、毛先を中心に塗布してから、こちらもすすぎをしっかり行いましょう。
後は、頭皮の蒸れや臭いの原因になるので、ドライヤーで頭皮からしっかりと乾燥させましょう。
基本的にはこのケアで、頭皮の状態の悪さによる臭いは改善してくると思います。
まずはしっかりと、基本ケアをおさえていきましょうね。

それ以外にも、脂っこい食事や睡眠不足、ストレスなどの影響が、頭皮臭の原因になる事があります。なるべく野菜中心の食事をして、しっかりと睡眠をとる事も、臭いの改善に向けた一歩になると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
x