インフルエンザを徹底予防!早めの予防で最強対策!

秋から冬にかけてのこの時期、
インフルエンザが流行しますね。

子供たちは元気に手をつなぎ、
笑い合い、走り回って遊んでいます。
そのためクラスで1人でも発症するとどうしても、
もらってきてしまうインフルエンザ…

インフルエンザが重症化すると
肺炎や脳症を併発して
危険な状態に陥ることもあるのです。

そんな悩める母親の皆さんへ、
インフルエンザを予防する徹底対策をご紹介します!

苦しむ子供の姿を見ないで済むよう、
ぜひ参考にしてみて下さいね。

インフルエンザを予防する徹底対策

一番大切なことは体内にウイルスを入れないことです。
インフルエンザの感染源は

  • 飛沫(ひまつ)感染
  • 接触感染

の二つです。

今回は感染経路に対する対策という形で、
それぞれに合う対策をご紹介します。

インフルエンザの飛沫感染を防ぐ対策

感染者のくしゃみや咳、つばが飛沫して
一緒にウイルスが放出されます。
そのウイルスを口や鼻で吸い込むことで感染します。

学校や職場、満員電車やデパートなど
混雑してお互いの距離が近くなってしまう場所や、
閉鎖された個室空間で感染しやすいです。

対策1 部屋の湿度を保つ

ウイルスが活発になる湿度は0~40%と言われています。
空中で元気になられると飛沫感染のリスクが上がってしまうので、
室内の湿度は50~60%を保つように加湿器で調節しましょう。

ポイント
加湿器が無い場合は、
濡れたタオルを部屋の隅に乾すだけでも
十分加湿できるので試してみて下さい。

対策2 咳エチケット

これは、自分からうつさない対策として重要です。
咳やくしゃみが出るときは
マスクの着用を忘れずにしましょう。

飛沫感染は感染者がマスクをしていれば
周りに広まることはかなり抑えられます。

インフルエンザウイルスは約0.1ミクロンと、
とても小さいです。
通常のマスクでは通過してしまうので
不織布(ふしょくふ)製マスクの着用が必須です。

ポイント
感染していない状態でマスクを着用することが
インフルエンザ対策に有効かは色々な説があります。

スポンサーリンク

しかし不織布製マスクを着用することで
環境中のウイルスを吸い込む際のフィルターとなり
マスクを着用していない時と比べればある程度除去できます。

また、喉の保湿にもなるのでその点でも有効的です。

対策3 近寄らない

単純ですが、インフルエンザにかからないためには
有効で重要なことです。

咳やくしゃみの症状がある人、
発熱の症状がありそうな人には
近寄らないように教えましょう。

距離を2メートルあけると一番効果的です。
子供にはちょっと難しいかもしれませんね…

インフルエンザの接触感染を防ぐ対策

感染者がくしゃみや咳を手で押さえ、
その手で周りの物に触れてウイルスが付きます。

その接触個所を別の人が触ることで手に移動し、
その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

電車やバスのつり革、エレベーターのボタン、
ドアノブやスイッチを触るときに感染しやすいです。

対策1 正しい手洗い

基本ですが接触感染の対策として一番有効で、
これらのタイミングできちんと手洗いすることで
体内へのウイルス侵入を回避できます。

  • 外出先からの帰宅後
  • 調理の前後
  • 食事の前

そして、手洗いには手順があります。
「政府広報オンライン」で推奨されている
手洗いの方法をご紹介するので、
参考にしてみて下さいね。

  1. 流水で手を濡らして石鹸を手のひらでこする
  2. 手の甲に泡を伸ばすようにこする
  3. 指先・爪の間を念入りにこする
  4. 指の隙間を洗う
  5. 親指と指のひらを洗う
  6. 手首を洗う

手洗い後は十分に水で流し、
清潔な布やペーパータオルでよく拭きとって乾かしましょう。

対策2 マスクの着用

接触感染は手についたウイルスが
口や鼻の粘膜に付くことなので、
口と鼻を隠していれば自分の手が触れることもありません。

ただし、この場合もインフルエンザウイルスを通過させてにくい
不織布製マスクを着用して下さいね。

インフルエンザの感染を防ぐ対策のまとめ

1.飛沫感染を予防する対策
-部屋の湿度を50~60%に保つ
-不織布製マスクを使って咳エチケットを守って菌を飛ばさない、吸い込まない
-咳やくしゃみ、熱の症状がありそうな人には2メートル以内に近づかない

2.接触感染を予防する対策
-正しい手洗いをこまめに行う
-粘膜への付着を避けるためにマスクを着用する

食事での対策はこちら!
https://mametotoko.com/infuluenzashokuji/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
x