ハワイが子どもの時差ぼけで台無しに…120%ハワイを満喫するための子供の時差ぼけ対策


子供を連れて初めての海外!
定番はハワイですよね。

そこでやっぱり気になるのが、
子供の体調ではないでしょうか?

折角の海外旅行が、体調が悪くなって台無しに><
なんてことは避けたいですよね。

そして体調の変化の中でも、
多くの子供が体験する初めての時差ぼけ

そこで、心配解消のためにも

ハワイに行く前にできる時差ぼけの対策、
ハワイに着いてからできる時差ぼけの対策を

ご紹介します。

スポンサーリンク

ハワイに行く前にできる時差ぼけ対策

日本からハワイに行くために
乗り越えなければならないことが時差です。

その

  • 時差が4~5時間以上
  • になると
    「時差ぼけ」と呼ばれる症状を引き起こしやすくなります。

    時差ぼけの引き起こす症状
    • 睡眠トラブル(眠いor眠れない)
    • 頭痛
    • めまい
    • 胃腸トラブル(吐き気、胸やけ、食欲不振)
    • 体のコリ、むくみ
    • 疲労感

    日本とハワイの時差は19時間あって、

    日本時間に+5時間して、
    日付を一日戻すとハワイ時間になります。

    なので、例えば朝9時の飛行機に乗って、
    フライトが7時間だったとします。

    すると日本では、午後4時ですが、
    到着先では前日の午後9時。

    狭い飛行機の中でちょっと寝たりしてたら、

    これ以上寝れない!ってなりますよね^^;

    お昼寝をよくする時期の
    1~3歳であれば、
    お昼寝の時間も長いので、
    あまり心配する必要はありません。

    お昼寝をしなくなった4歳以上であれば、
    しっかり対策を行いましょう。

    時差ぼけを避けることは難しいですが、
    比較的軽くすませることはできますよ^^

    対策その1 深夜便でハワイに向かう


    成田便は、ハワイ時間で早朝着
    というパターンが多いですが、

    スポンサーリンク

    羽田便を活用すると、
    ハワイ時間で昼前着という便に
    巡り合うことができます^^

    羽田を深夜に出発する便であれば、
    ハワイの到着が11時ぐらいになります。

    子供たちは深夜から機内で眠り続けて、
    昼ごろに起きることになるので、
    その後のスケジュールも無理なく楽しめますよ。

    対策その2 生活リズムを調整する

    日付のことを気にしなければ、
    日本時間+5時間の差です。

    毎日夜9時が就寝であるのなら、
    ハワイでは深夜2時に寝ることになります。

    ハワイで夜間に眠れるように、
    出発2~3日前から、
    は普段より早く寝るようにしましょう。

    また、日本へ帰国する前は
    普段より遅く寝かせるようにすれば
    帰ってきてからの生活リズムへの支障が減りますよ^^

    ハワイに着いてから徹底したい時差ぼけ対策

    到着した初日から
    ハワイ時間に合わせて調整することが大切です。

    対策その1 なるべく初日は昼寝させないで早めの就寝

    初日の昼間はとても長いものになります。

    機内での睡眠時間が6~7時間で、
    11時くらいから活動することになります。

    これは日本時間では、
    朝6時ですからね^^;

    眠くても遊ばせたり、
    食べ物をあげたりして、
    どうにか起こしておきましょう。

    午前中であれば仮眠も少しはOKですが、
    昼過ぎから夕方は避けましょう。

    そしていつもより早めに夕食を済ませて
    早めの就寝を目指しましょう。

    興奮で目が冴えてしまう子もいるので、
    日中に体を動かして、
    疲れさせてあげるのも対策の一つです。

    対策その2 予定は詰めすぎないこと

    ベビーに多いですが、

    睡眠が足りていてもいつもと違う状況で
    グズってばかりになってしまうお子さんもいます。

    環境に慣れるためには2、3日程度かかると考えて、
    焦らないで過ごしてあげましょう。

    特にハワイでの初日~2日目は体を慣らす期間です。

    観光の予定を詰め込み過ぎないように注意して、
    ゆっくり、まったり、リラックスできる旅の日程にしましょう。

    海に行くならメインは海だけ!
    山に行くならメインは山だけ!

    十分、ハワイの自然を満喫して楽しむことができますよ。

    まとめ

    ハワイに行く前にできる時差ぼけ対策

    1.羽田からの深夜便でハワイに向かって、
      到着時間を11時頃にする。

    2.出発前日の生活リズムを調整して、
      いつもより早く就寝させる。

    また、帰国する前夜はいつもより遅く寝かせる

    ハワイに行った後にできる時差ぼけ対策

    1.初日は長く起こしておいて早く就寝させる。
      仮眠を取らせるのであれば昼前にして、
    昼過ぎからは避ける。

    体をたくさん動かして早く夕食を済ませることで眠気を引き起こす。

    2.予定を詰めすぎないで、
      ハワイで過ごす時間はゆっくり、まったり、リラックスして過ごす。

    時差ぼけは体内時計の乱れで起きている症状です。

    できるだけ、外に出て
    太陽の光を浴びるようにしましょう。

    太陽の光には、
    脳や体を活発にさせる
    副交感神経を活性化する効果があります。

    また、太陽の光を浴びることで
    睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンが生成され、
    その日の睡眠を高める効果もありますよ。

    時差ぼけを克服して、
    お子さんとのハワイ旅行を楽しんでくださいね!

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。
    x