大阪成田山不動尊の有名人が来る節分豆まきイベント


大京阪電車香里園駅から徒歩15分ほどの場所に位置し、千葉県にある成田山新勝寺の大阪別院として、昭和9年に建立したとされています。
交通安全祈願で有名な寺院です。

年間を通して20万台の車が祈祷に訪れていると言うのも、その人気ぶりが伺えます。
そんな成田山不動尊の節分祭には、毎年多くの芸能人がゲストが訪れる事でも有名です。

スポンサーリンク

大阪成田不動尊は交通安全のご利益があると共に、笑いの神さまとしても名を馳せています。
境内の笑魂塚は、関西の芸人の皆さんの冥福を祈るために建てられたもので、
毎年お盆には”笑魂まつり柴灯護摩”と呼ばれる護摩祈祷が行われているほどです。
このように、数ある関西地方の神社仏閣の中でも、一際有名な寺院なのです。

スポンサーリンク

そんな、大阪成田山不動尊の節分祭は、”交通安全”と”開運厄除繁栄隆昌”を祈り、豆まきが行われます。
また他の神社とは異なり、”鬼は外 福は内”と一般的な掛け声ではなく、”福は内”とだけ掛け声をあげます。

なぜなら、お不動様の慈悲は大変大きいので、不動様の前では鬼であるはずの鬼も、鬼ではなくなってしまう。
と考えられているからだそうです。

節分祭では、境内に全長150mの舞台が特設され、中央には日本一の大きさとも言われている”千升大福枡”を設置して、
開運厄除けならびに交通安全を祈る豆まき式が行われます。

参加者も華々しい面々が揃い、交通関係諸団体や関西政財界人を始め、有名芸能人などが年男として参加しています。

豆まきは”追儺豆まき式”と”開運豆まき式”の2種類を二部制で行なっています。

例年、NHKの朝ドラ出演者たちが、”追儺豆まき式”の第1回目に登場します。
第1回目の豆まきでは、朝ドラ出演者の他、歌舞伎役者、落語や漫才などの芸能人がたくさん出場しており目が離せません。

ちなみに、一般の方でも、初穂料5万円を支払えば、第2回目の”追儺豆まき式”には参加できます。
つまり、芸能人やゲストの方とはご一緒は出来ないという事です。

しかし、盛大で華やかな節分祭に参加出来て、有名人まで来て身近で見れるとあれば、一度は参加してみたいものです。

節分祭は、第1回目が午前12時から、第2回目が午後2時からとなっております。
場所は境内特設舞台。豆まき参加料の初穂料3,000円が必要になります。
待遇として福豆が頂けるのも嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
x