卒園児へのプレゼントは手作りで!在園児が作る簡単おしゃれな贈り物

幼稚園の先生はクリスマス、お正月とイベントが落ち着くとすぐ卒園の準備が始まります。
卒園児へ在園児からプレゼントを作ってあげたいと考えると、毎年同じものになってしまいがちですよね。
年中、年少の園児が作ることができる物は限られますから・・・

マンネリ化してしまうプレゼント制作ですが、たまには新しいものにチャレンジしてみませんか?!
そこで、思い出を振り返る簡単おしゃれな手作り贈り物と卒園プレゼントを新たに考える時のポイントをご紹介します。

卒園児が年少、年中の時に作った同じものでは驚きが足りません。
新たなプレゼントが登場すれば卒園児も驚いて、うれしい気持ちでいっぱいになりますよ。

スポンサーリンク

思い出を振り返れる簡単おしゃれな手作り贈り物

スポンサーリンク

1.マーブルクレヨン

短くなったあまりものクレヨンを集めてマーブルクレヨンを作ることができますよ。
作り方も簡単です。
火を使うこともないので小さな園児と一緒でも楽しんで制作できますよ!

幼稚園では毎日のようにクレヨンを使います。
思い出のクレヨンを新しく形を変えてプレゼント。
小学校に行っても使う時には幼稚園の楽しい思い出がよみがえります。

【材料】
・クレヨン
・シリコン製のトレイ

【作り方】
①余ったクレヨンの周りの紙をはがしましょう。
小さな園児にオススメの作業です。
やってはいけないビリビリ破くという体験は楽しいので子供たちも大喜びです。

②クレヨンを細かく折る。
細かくといってもシリコン製のトレイに収まる程度で細かくするだけでOKです。
これもまた、園児は大喜びですよ。
禁断のクレヨンバキバキですからね。

③シリコン製のトレイに好みの色を入れる。
モリモリはみ出すぐらい入れてOKです。
溶けた時に隙間に流れ込むので丁度良い具合になります。

④電子レンジでクレヨンを溶かす。
シリコン製のトレイのサイズによって異なりますが、目安は500Wで7分です。

⑤よく冷ましてからシリコン製のトレイから外す。
園児が食べてしまわないように注意して下さいね。

2.貼り絵のフォトスタンド

段ボールの枠に在園児で可愛く貼り絵で模様を作りましょう。
卒園児が好きな写真を入れれば、思い出を大切に飾ることができますよ。
カッターを使う作業は先生が準備するので手間かもしれませんが、後は在園児でも簡単に制作できます。

【材料】
・段ボール
・カッター
・ボンド
・折り紙

【作り方】
①10cm四方に切った段ボールを2枚用意します。
カッターで切る作業です。
先生が事前に用意しておいた方が無難ですね。

②一枚は角から2cmを残して真ん中をカッターで切り抜きます。
これも先生が事前に用意しておきましょう。

③切りぬいた段ボールに貼り絵でカラフルな模様をつけます。
折り紙をちぎって好きに貼りましょう。
段ボールの茶色が見えないように、園児にペタペタ貼ってもらいましょう。
キラキラの折り紙も混ぜると可愛いです。
最初から暗いトーンの色(黒、茶色、濃い青、濃い紫)などは抜いてパステルカラーをメインにすると誰が作ってもキレイに見えます。

④段ボールを貼りつけます。
上から間に写真を入れることができるように、上になる2センチを残して下と両サイドにだけボンドを塗って貼りつけて下さい。

卒園プレゼントを考えるときのポイント

ポイント1.作る園児で差が出ないように!

工作の上手な園児もいますが、ちょっと残念な園児もいます。
大人になればそれも愛嬌で可愛い作品だと思えますが、もらうのは卒園児です。
自分のだけヘンテコではちょっと喜べませんよ。

出来栄えに差が出ないプレゼントの制作を行うようにして下さいね。

ポイント2.小さくても幼稚園のマークやキャラクターを入れる!

幼稚園児は年少さんのころ文字の読み書きができない子が多いです。
そのころは幼稚園のマークは園児にとって大切な目印です。
私も娘も近くを歩く園児のカバンのマークを見分けて「あ!同じ幼稚園だ!」と喜んでいました。

年少、年中、年長と成長しても幼稚園のマークはきっと大人より思い入れがあります。
思い出のプレゼントには小さくて構わないので作成したプレゼントの裏などにハンコやシールで幼稚園のマークを入れてあげて下さいね。

まとめ

手づくりの贈り物
1.マーブルクレヨン
2.貼り絵のフォトスタンド

卒園プレゼントを考える時のポイント
1.作る園児で差が出ないように!
2.幼稚園のマークやキャラクターを入れる!

在園児での制作といえば、メダルや王冠が王道です。
確かに作り易く、もらった時の卒園児は大喜びです。
しかし、家に帰ってしまうとポイッと投げてしまう子も多いと思います。

がんばって作って贈るプレゼントです。
使ってもらいたいので、クレヨンやフォトスタンドなど卒園して家に帰ってからも遊びや飾りで活用できるプレゼントの制作を試してみましょう!

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
x