バレンタインに逆チョコで告白して成功するポイントを考察した


毎年2月14日が近づくと、
男子はそわそわ、女子もどきどき・・・。
いくつになっても、異性を意識せずにはいられない日が、バレンタインです。
もらえるかな?受け取ってくれるかな?と、その日が終わるまでなんだか落ち着かないですよね。
そんなバレンタイン。
「女子が男子に告白する日」なわけですが、これって逆もありなんでしょうか。

スポンサーリンク

ホワイトデーよりもバレンタインの方が予想外でドキドキ!


2月14日のバレンタインデーは世界中で行われているイベントの一つ。
日本でもデパートで1フロアに所狭しとチョコレート屋さんが並んだり、
この日限定のチョコレートやスイーツが売られたり、
多くのお菓子作りキットを見るようになったりと、このイベントはかなりの浸透具合です。
特に好きな人にアタックしたい女性にとっては、一大事の一日。

盛り上がりを見せているバレンタインデーですが、
世界的に見るとローマ帝国にまでさかのぼるほど歴史のあるものなんです。
恋人たちの日としてキリスト教徒の祭日として祝われたのが始まりなので、
カップルたちが愛を誓いあう日として、世界中でロマンチックな出来事が様々に起こっていることでしょう。

そもそも、バレンタインデーに贈り物をするようになったのは、
19世紀後半のイギリスが発祥と言われています。
イギリスでもチョコレートを贈る習慣がなかったわけではないですが、どちらかというとメインは花。
赤いバラなどの花にメッセージを添えて愛の告白をしたり、カップルであれば感謝を伝えたりする日がバレンタインデーの過ごし方でした。
この贈り物の習慣が世界に伝わり、バレンタインデーには贈り物を。という文化が一般的に浸透していったわけなんです。
しかも、ここでは女性から男性へというわけではなく、お互いに気持ちを伝えあい、品物を贈り合うというものだったんですね。

それが、日本では独自の発展を遂げ、バレンタインデーは「女性が男性に告白をする日」と認識されています。
そして、その愛の告白をチョコレートを渡してするというのがおなじみのパターン。
日本のバレンタインデーの歴史はまだそんなに長いものではなく、
諸説あるものの、昭和11年にモロゾフが「あなたのバレンタイン(=愛しい人)にチョコレートを贈りましょう!」
というキャッチコピーを掲げてバレンタインにチョコレートを贈る習慣を作ったことが、
今でも日本に根付いているこのバレンタインデーの始まりとされています。
女性から男性にという点とチョコレートを贈るという点は日本独自の文化といってもいいくらい。
実際、アメリカでは、日本の逆で、男性が女性に愛の告白をする日という認識の方が強いです。
バレンタインデーに男性から女性に告白するなんて、世界的に見たらむしろ普通に行われていること。
男性から行動を起こすバレンタインもいいですよね。

スポンサーリンク

一方で、バレンタインデーのちょうど1か月後にやってくるホワイトデー。
これは世界的には行われていないイベントなんです。
日本でもバレンタインデーに比べると盛り上がりにはかけるイベントではありますが、
なんと発祥は日本なんです。
バレンタインにチョコをもらった男性からのお返しとして、
この日にキャンディーやホワイトチョコなどのスイーツを渡すのが一般的に知られている風習ですよね。
欧米には浸透していない文化で、アジア圏内に少しずつ広まりつつあるイベントなんです。
基本的には「チョコのお返しやお礼」の日ではありますが、
思いを寄せる女性がいる男性にとっては、この日に告白しよう!と計画して心の準備をする人もいるでしょう。

でもでも、中にはホワイトデーまで待つなんて無理!
バレンタインデーに好きな人に告白したいという男子諸君もいるのではないでしょうか。
いいじゃないですか!
ぜひ、告白しちゃってください!!
バレンタインデーは女性が男性に告白する日だから、その逆をしたら引かれちゃう?なんて思わなくて大丈夫。
むしろ、この日に女性にプレゼントをもらえるなんて思ってないですから、
サプライズ感があって嬉しさも倍増!
女性はプレゼントをもらうのが大好きですし、サプライズも大好き。
予想外の出来事に、ハートを撃ち抜かれちゃいます。

思いもよらぬあなたからの愛の告白に、
お相手は驚くかもしれませんが、きっとその気持ちを受け取ってくれると信じて、
自信をもって告白してみてください。
バレンタインデーは、女性だけでなく男性も背中を押される日であっていいのです。

逆チョコに最適な贈り物のススメ

バレンタインデーに彼女に告白しようと決めたら、さっそく準備をしましょう。
問題はいったい何を贈るかですよね。

女性が男性にチョコを贈るように、男性からチョコレートを贈るものもちろんいいでしょう。
これぞ「逆チョコ」。
チョコレートもピンからキリまであるので、
女性が好きそうな可愛らしいデザインのチョコだったり、
普段は絶対に買わないような高級チョコだったり、
ハイセンスなパッケージのものもいいですね。
たくさんありすぎて迷っちゃいますが、女性でごった返しているチョコ売り場に
あなたが意を決して自分のために買いに行ってくれただけで女性は嬉しいと喜んでくれるはずです。

ただ、できれば手作りチョコはやめておきましょう
あなたが、自他ともに認める、彼女も知っているパティシエの卵だったら話は別ですが、
男性から手作りチョコをもらうと女性としては若干身構えてしまうかも…。
お菓子作りは女性に任せて、あなたは素敵なチョコレートをゲットしてください。

逆チョコは、なにもチョコレートじゃなくてもOK。
イギリスでの贈り物の主流であった、お花を贈るのもいいですよね。
女性はお花が大好きです。
しかも、花束ってあまりもらう機会がないので、プレゼントされるとなんだか嬉しいものなんです。
国によってはバラの本数で、愛の大きさを表す国もありますし、1本だけ「あなただけ」となぞらえてプレゼントする国もあります。
メッセージカードにもあなたの思いを託して、告白するのもいいでしょう。

お花は真っ赤なバラやチューリップなんかがおすすめ。
愛の告白には赤でしょ!というイメージが強いですからね。
とはいえ、カーネーションはお母さんに贈るみたいだからやめておきましょう。
女性はピンクの花も大好きです。
バラやチューリップだけでなくスイートピーも香りがよいので人気です。
また、「あなただけを見つめる」というどストレートな花言葉を持つ「ひまわり」もおすすめ。
2月のひまわりってちょっと季節はずれな感じもしますが、
だからこそプレゼントには最適です。
ひまわりには元気なイメージもあって、受け取る女性も思わず笑顔になれちゃいそうですね。

近年は、花屋さんの仕掛けでフラワーバレンタインが広まりつつありますから、
あなたがお花にうとくても、相談して素敵な花束を作りましょう。

欧米のプレゼントによくあるのがテディベアのプレゼント。
脈のありそうな彼女への告白だったら、チョコやお花などの消え物よりも、
記念になるものでもいいかもしれないです。
急にアクセサリーとかだと、高価すぎて戸惑っちゃうかもしれないので、
ちょっと飾れるようなかわいいぬいぐるみがありかもしれませんね。

また、ものではなくディナーに誘うというのも手です。
お相手との関係性にもよりますが、素敵なレストランに招待して告白するというのもありでしょう。
レストランに誘ってきてくれる女性なんですから、きっとあなたに気があるはず。
レストランでサプライズを用意して告白するのもいいのではないでしょうか。

まとめ

あくまでも贈り物はあなたからの愛の告白をお手伝いしてくれるアイテムの一つ。
きっとどんなチョイスでもきっと彼女は喜んでくれるはずです。
素敵でハッピーなバレンタインデーになりますように!
応援しています!

まとめ

バレンタインデーは、女子から男子への告白の日というわけではありません。
でも、女性が愛を伝える日として知られているわけですから、男性から思い伝えられたらサプライズで感動しちゃいます。
嬉しくない女性はきっといません!
愛の告白にこの日じゃなきゃなんて決まりはないですから、
ホワイトデーまで待てないあなたも、バレンタインデーの力を借りてロマンチックな告白をしちゃいましょう!

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
x