バレンタインに職場に配るチョコっている?めんどくさい時の技アレコレ


2月14日のバレンタインが近づいてくると、
大好きな彼にどんな贈り物をしようか、気になるあの人にチョコを渡して告白したい!などなど、
恋する乙女は色めきだって計画を立て始めますよね。

しかし、ここでめんどくさいのが職場のおじさまたちへのバレンタイン。
もちろん本命なんかじゃないけど、普段お世話になっていることに違いはないから
感謝の意味でチョコを渡さなきゃならない・・・。
面倒な職場チョコ。あなたはどうやって用意しますか?

スポンサーリンク

バレンタインの買い出しをらくちん手間なく安くする方法


女子にとって、バレンタイン前は大好きな人のことで頭がいっぱい。
どんな贈り物がいいかな?
手作りスイーツにしようかな?
彼にどうやって声をかけようかな?
私の思いは伝わるかな?
恋人がいればそれはそれは楽しい準備ですし、
告白したいと思っている人がいれば、期待と不安とが入り混じった複雑な日々・・・。
はっきり言って、職場のおじ様たちに配るチョコのことで頭を悩ませ、準備をしている時間なんかない!!
というのが本音でしょう。

けれど、職場にはバレンタインデー当日にはおじ様たちにチョコを配る風習があるとなると、
自分だけそれをしないわけにはいかないですよね。
もちろん本命チョコじゃないことなんか百も承知の上。
でも、おじ様たちは期待して来るんだろうな、みんなやっぱり配るよね、
となると、半ば強制的に用意しなければならなくなります。
郷に入り手は郷に従えで、これはもう仕方ない。
仕事の一部みたいなもんです。

それにしても、面倒ですよね。
できるだけ、らくちんに、そして安く準備することはできないものでしょうか。
いくつかの方法を考えてみましょう。

今の時代、とにかく「楽に」といえばネットで購入するに限るでしょう。
1つのボックスにたくさんのチョコレートが小分けされて入っているものなら、
ばらまきチョコにはもってこい。
ヨックモックとかゴディバなど誰もが知っているお店のものでも通販でゲットできますし、
黄色の包み紙でおなじみの「フェレロロシェ」も高級感があっておすすめです。
これ、一粒でもまあまあ大きいですしね。
アマゾンや楽天などで30個入りのを買えます。

あまり堅苦しいようなものでなくてもいいのなら、
ブラックサンダーや不二家のハートピーナッツチョコなどのお手軽「お菓子」でもいいのではないでしょうか。
こちらもアマゾンやYAHOOショッピングサイトで購入可能です。
たくさん買っても高額にはならないのが嬉しいですよね。
ただ、子どもが食べるようなおやつに近いものなので、自分の立場や職場の雰囲気によってはやめた方がいいかもしれませんが。

スポンサーリンク

ちなみにこれなら、仕事帰りにコンビニでゲットできちゃいますね。
他にもチロルチョコでも、カントリーマアムみたいなクッキーでも大丈夫では?
パーティー用の大袋なら小分けクッキーがたくさん入っていていいですね。

また、楽天なんかではウェディング用プチギフトとして、
可愛いパッケージに入っているチョコが販売されています。
一つ一つのお値段もそんなに高額ではないし、プレゼント用にラッピングもしっかりしてあるのでとっても便利。
これはかなりおすすめですね。

あんまり豪勢にしても、おじさんたちも困ってしまいます。
欲しいな~とは思っていても、そんなに高級なものを期待しているわけでもないですし、
いくらなんでも本気のバレンタインデーだと思って勘違いする人もいないでしょう。
ちょっとしたものをもらえるだけで、嬉しいな、あの子気が利くな、といった好印象につながるので
自分のメンツを保つためにも、見た目にいいものをネット通販で購入することをおすすめします!

配るのがまた一苦労!ストレスなく配る方法

何はともあれ職場のおじ様たちに配るチョコを用意したら、次に考えるのは配り方。
もちろん、丁寧なのは席を回って手渡しすることですが、
勤務中にそれをいちいちやるような時間はないかもしれないですし、
女性諸君がこぞってそんなことをしているの光景もなんだかな・・・という感じ。
配るべきおじさまが多ければそれこそ大変です。
また、正直苦手、面と向かってやり取りするのがちょっとな・・・という上司も中にはいるでしょう。
面倒だなとストレスに感じる人もいることでしょう。

そんな時に、苦労なくストレスなく配る方法・・・それはずばり、
「ご自由にお取りください」方式です。

みんなが使うラウンジとか給湯室とかどこでもいいですが、
そこに小分けになっているお菓子がたくさんが入っている箱や大袋をどーんと置いておきます。
「△△のみなさまへ。
いつもお世話になっております。
ほんの気持ちです。
今後もよろしくお願いいたします。
ハッピーバレンタイン!○○より」
などの万人向けメッセージを添えてください。
この方法だと取らない人がいる可能性があるようなら、
例えば、朝礼の時にそのことをアナウンスするとか、
全員が必ず通る出入り口に机などを設置して置いておくなど、
仕事の邪魔にならない程度に、
目に付くところに置いて、任意という形を取るのもよいでしょう。
この方法だといちいち配り歩く必要がなく、
しかも、分け隔てなく皆様の手に渡ることができます。

気を付けることは、個包装の数を渡す人数よりも必ず多く準備しておくこと。
任意にするとまさかの2個取りなんて事もなくはないですから、
その辺のことを考慮して多めに用意しておいた方がいいです。
また、アソートチョコのようにむき出しになっているものよりも、
袋に入っているほうが相手も取りやすいのでできればそのほうがベターですね。

また、全員がそれぞれで用意すると職場がスイーツバイキング会場みたいになってしまってよくないようなら、
何人かで結託して用意して、連盟でメッセージを添えておいておくという手もあります。
職場の人間関係にもよりますが、同期同士とか同じ仕事に携わっている人同士などというように
女子同士手を組んで用意するとシンプルでいいかもしれません。
お金を出し合えば、もう少し高級な物を用意できるかもしれないですしね。

バレンタインデーのメインは職場のおじ様達じゃなくて本命へのプレゼント!
おじ様達にまで細やかな気が回らないかもしれませんが、
そんなときには女子同士手を取り合って協力して配るのが
一番ストレスのない方法かもしれませんね。

まとめ

職場のおじ様たちだって、もらえるチョコが義理なことくらい百も承知でしょう。
職場のバレンタイン文化にもよりますが、贈る文化であればそれは郷に入り手は郷に従え精神でそれにのっとって準備した方が今後のためにも良いです。
それだけでおじ様達には好印象だし、気が利くなと思ってもらえます。
もちろんお世話になっている感謝の気持ちもありながら、
本命への準備が疎かにならないように職場にはストレスなくスムースに準備出来る方法を考えましょう。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
x